一般歯科

虫歯治療

虫歯治療について

歯科医院にお越しになられる方の多くが、この「虫歯治療」を受けられにいらっしゃいます。虫歯とは、細菌が糖を使って作る酸により歯が溶かされてしまう病気です。初期段階では痛みを感じることが少ないため、自覚症状がないまま症状が進行してしまうという特徴を持っています。

虫歯はそのまま放っておいても治ることはなく、症状が悪化すると歯を削ったり抜いたりしなければならなくなります。ですが初期段階のうちに発見し治療を行えば、そうして歯を削ったり抜いたりすることなく完治させることも可能ですので、半年から1年に1回歯科医院にご来院頂き、定期健診を受けられることをおすすめします。

川西市の川西池田・川西能勢口付近でむし歯予防なら、是非ご来院ください。

できるだけ痛くない治療

「虫歯治療」=「痛い」
多くの方がそのようなイメージを持たれているのではないでしょうか?
しかし当院ではそうした患者様のご負担や不安を軽減するため、表面麻酔など、できるだけ痛くない治療を行っております。これにより、治療にともなう痛みにわずらわされることなく治療に専念して頂けます。
痛みが苦手な方、また痛みに敏感な方などは、お気軽にご相談ください。

歯周病

歯周病について

「歯周病」とは、歯周ポケット(歯と歯茎の間)に歯垢や歯石がたまり、それらの中にある歯周病菌により歯茎の腫れ、出血などの症状を引き起こす病気です。症状が進行すると、歯がグラグラしたり、最悪の場合、歯が抜けてしまうこともあります。

また最近では「歯周病」は口の中だけでなく、全身の健康にも影響を及ぼすことが明らかになってきており、「糖尿病」「動脈硬化」「脳梗塞」といった疾患にも影響を及ぼすと言われています。 また女性ホルモンが特定の歯周病菌の増殖を促すことから、妊娠すると「歯周病」にかかりやすくなるとも言われています。

川西市の川西池田・川西能勢口で歯周病予防、歯周病治療なら当院までお越しください。

症状

  • ブラッシングの時、また硬いものを食べた時に歯茎から出血する
  • 歯茎が赤く腫れたり、痛んだりする
  • 歯がグラグラと動く
  • 歯と歯の間に食べ物がよく挟まる
  • 口臭がする
  • 朝起きた時に、口内がネバネバする

こうした症状を自覚された時には、「歯周病」の可能性があります。当院にて一度検査を受けられることをおすすめします。

歯周外科治療

「歯周外科治療」とは、歯茎を切開し歯周ポケット内にたまった歯垢や歯石を徹底的に除去したり、また深くなり過ぎた歯周ポケットを浅くし、そこに歯垢や歯石が溜まらないようにする外科治療のことです。
この治療を行うことで、歯を清潔な状態を保ちやすくすることができます。ただしあくまで「清潔な状態を保ちやすくする」治療ですので、治療を受けたからといって毎日のケアを行わなくていいというわけではありません。治療後、毎日しっかりとケアを行ってこそ、この「歯周外科治療」の効果は発揮されるのです。

親知らず・埋伏歯の抜歯

親知らずによる隣の歯への影響

「親知らず」とは、永久歯が生えた後に奥歯の一番後ろから生えてくる歯のことで、人によっては生えてこない場合もあります。
この「親知らず」が正しい位置に生えている場合、特に抜歯する必要はありませんが(男性の場合)、しかし斜めや横向きに生えている「親知らず」は、ブラッシングにより清潔な状態が保ちにくいため、歯茎が腫れたり隣の歯が虫歯になったりなどのトラブルの原因となることがあります。ですので、こういう場合には抜歯を検討する必要があります。

また妊娠すると抗生物質や麻酔が制限されてしまうことから、女性の場合には妊娠前に「親知らず」を抜歯することもあります。

症状

  • 頬が腫れる
  • 歯茎が腫れる
  • 歯茎から異臭がする
  • 口をきちんと閉じることができない
  • 虫歯ができる

その生え方によっては、「親知らず」はこうした症状を引き起こすことがあります。

根管治療

根管治療について

歯の中にある神経や血管のことを「歯髄」といい、それが通っている管のことを「根管」と言います。そして「根管治療」とは根管内の歯髄を除去しきれいに掃除することにより、歯の病気を予防・治療するものです。

根管治療が必要となる症状

  • 虫歯により歯が痛む
  • 一度神経を治療した歯がうずく
  • 歯茎が腫れる
  • 冷たいもの、温かいものが沁みる
  • 膿が出る
  • 眠る時に痛みが生じる

こうした症状の場合には、「根管治療」が必要となる場合があります。

顎関節症

顎関節症について

「顎関節症」とは、「口を開く時に頬の筋肉が痛む」「大きく口を開けることができない」「口を開け閉めする時に音がする」などの症状が起こることをいいます。そのほか、「左右均等に口が開かない」「頭痛がする」「頬の筋肉を押すと痛む」などの症状もあり、もしこれらの症状に当てはまるものがあれば、「顎関節症」を疑ってみるべきだと思います。

噛み合わせや歯周病との関係性

「顎関節症」が発生する原因として、噛み合わせの悪さというものがあります。歯並びが悪いため、また治療で歯に被せた被せ物に問題があるため、顎の正常な運動が妨げられてしまい、その結果、顎関節がずれて「顎関節症」を引き起こすことがあります。

また歯周病により奥歯が抜けてしまったり、前歯がグラグラと動く状態になると、それが原因で「顎関節症」を引き起こすこともあります。

さらにはストレスにより「顎関節症」が引き起こされるケースもあり、実際当院でも、「試験前になると痛くなる」という学生様がお越しになったことがあります。

症状

  • 口を開く時に頬の筋肉が痛む
  • 大きく口を開けることができない
  • 口を開閉する時に音がする
  • 左右均等に口が開かない
  • 頭痛がする
  • 頬の筋肉を押すと痛む

これらの症状でお悩みであれば、一度川西市の青木歯科までご相談ください。

治療方法

当院では「顎関節症」の治療としまして、顎全体の噛み合わせを再構築させる「フルマウスリコンストラクション」や、歯の噛み合わせを改善する「テンプレート治療」、また「マウスピース治療」などを行っております。

マウスピース(ナイトガード)

歯ぎしり用

当院では歯ぎしりの治療としまして、マウスピースによる治療を行っております。マウスピースを装着することで歯と歯の物理的接触を防ぎ、歯ぎしりの力から歯・歯茎を守ったり、患者様のストレスを和らげることができます。

スポーツ用

川西市の川西池田、川西能勢口付近の当院では、スポーツをされる方向けのマウスピースも取り扱っております。スポーツ用マウスピースを装着することで、スポーツ中の衝撃から歯を守ることができるだけでなく、マウスピースを噛みしめることにより瞬発力を生み出したり、集中力を高めることが可能となります。
川西市でマウスピースをお求めの方は、是非一度当院へご相談ください。