入れ歯・ブリッジ・インプラント

入れ歯・ブリッジ・インプラントをお考えの方へ

歯を失ってしまった方への治療方法として、「入れ歯」、「ブリッジ」、「インプラント」の3つの選択肢があります。それらを装着することにより、歯があった時と同じようにものを噛むことができたり、審美性を改善させることが可能です。

歯を失ってしまった方は、川西市の川西池田、川西能勢口から近い当院まで、まずはお電話でご連絡ください。

入れ歯

入れ歯の種類について

ノンクラスプデンチャー クラスプ(金属のバネ)がない入れ歯で、審美性に優れています。
ゴールド 精密な加工が行いやすく、腐食による変色も起きにくいのが特徴です。
チタン チタンは重量が軽く顎になじみやすいため、装着した時の違和感が少ないという特徴があります。
コバルトクロム 厚みが薄く、熱が伝わりやすいだけでなく、耐久性にも優れています。
アタッチメント 歯根に金属を埋め込み、入れ歯に超小型磁石を取り付け、磁力の力によって装着する入れ歯です。
スーパーナチュラルデンチャー 身体に優しい医療用ナイロンを使用しており、とても軽い入れ歯です。
スルフォン 高い弾力性と強度を持った歯科用プラスチックで作られた入れ歯です。
アクリジェット 耐久性に優れており、アレルギーも少ないという特徴があります。

部分入れ歯と総入れ歯について

「入れ歯」は大きく2種類に分けることができます。患者様の歯の大部分が失われてしまった時、またはすべて失われてしまった時に使用する「総入れ歯」と、患者様の歯が1本でも残っている時に使用する「部分入れ歯」です。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険適用の入れ歯と自費の入れ歯の違いは、自費の入れ歯の方が選択できる人工歯の色や形の種類が多く、またその固定方法も様々な装置から選ぶことができるというもので、さらには「熱を感じやすい」などの機能面や強度の面でも優れています。

今使っている入れ歯が合わない方へ

川西市、川西池田や川西能勢口付近にある当院では入れ歯治療に際して、「インプレッション・テイキング(印象・型を取る)」ではなく、「インプレッション・メイキング(印象・型を作る)」ことを信条としております。
ですので、もし今お使いの入れ歯が合わなくてお悩みの方がいらっしゃれば、是非当院までご相談ください。決して妥協することなく、患者様がご満足頂ける入れ歯をご提供致します。

ブリッジ

ブリッジとは

「ブリッジ」とは、歯が抜けた箇所の両隣の歯を削り、それを土台として使用し人工歯を入れる治療方法です。

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯と同じ感覚で噛むことができる
  • 入れ歯よりも力が入る
  • 違和感が少ない
  • 治療費が安い(※保険適用の場合)

デメリット

  • 土台となる両隣の歯を削らなくてはならない
  • 土台となる両隣の歯に負担がかかる
  • 歯肉との間に食べかすが溜まりやすいため、清潔な状態を保つのが難しい

インプラント

インプラント治療とは、失った歯のかわりに顎に埋め込む歯のことです。 人工の歯根を骨に埋め込み、その上に天然の歯のような見た目の人工歯をかぶせる仕組みです。 入れ歯のように外したりすることはなく、まるで天然歯のように噛むことができる治療です。当院は、インプラント専門医による診療が受けられます。今御使用されている入れ歯やブリッジに不満のある方は、是非、川西市、川西池田・川西能勢口付近の当院にご相談ください。

料金表  入れ歯・ブリッジ・インプラント

金属床(全顎) コバルトクロム 275,000円
チタン 330,000円
ゴールド 440,000円
シリコンデンチャー 88,000円
磁性アタッチメント 110,000円~165,000円
ノンクラスプデンチャー+金属フレーム 165,000円
自費局部床義歯
(使用する材料によって変わります)
88,000円~440,000円
インプラント 385,000円

※全て税込