2017.01.23更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。


突然ですが、よくある質問

「電動歯ブラシは使用したほうがよいですか?」

とのことを良く聞かれます。
家電屋さんへ行くと電動歯ブラシを多く見かけますし、当たり前ですが素晴らしい商品説明が書かれていますよね。

しかし電動歯ブラシや音波ブラシにはデメリットもあります。
そちらについて少しお話ししていきます。

私達が見ていると電動歯ブラシ、音波ブラシは実は使いこなしている方は少ないように感じます。本来しっかり使えていればとても良いものではありますが、当てる時間、角度などしっかりできていないとしっかり磨けないのです。そして電動の場合は手磨きより、磨けた気になってしまうことが問題です。

さっぱり感も普通の歯ブラシで磨くよりも多く得られ、電動を使用しているということで磨けている満足感がでてしまうので、気をつけていただきたいです。

しっかり基礎ができていて、普通の歯磨きも十分に行える方が使用するのはとても良いものだと思います。

まずは、ご自身のブラッシングを見直してから、電動歯ブラシをご検討いただくのが良いと思います。

投稿者: 青木歯科

2017.01.16更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

皆様は、「初期虫歯」と言う言葉は聞いたことがあると思います。
最近ではテレビのコマーシャルでも初期虫歯という言葉が出てきたりしますね。

では初期虫歯とはどのような状態のことを指すのでしょう。
初期虫歯は、名前通り虫歯のなり始めです。
噛む面の溝が少し茶色くなっていたり、歯面が白く粗造していたりするもので、まだ穴があいていない状態です。
この初期虫歯は、エナメル質が溶けだしている状態になります。この段階では、治療をするのではなく、再石灰化を促すことが大切です。
再石灰化とは、歯から溶け出したミネラルやリンを歯に戻す働きです。歯磨きはもちろん、フッ素配合の歯磨き粉を使用したり、よく噛み、唾液を多く出す事で再石灰化され、自然治癒に至る場合があります。また歯科医院でフッ素を塗布することも大切です。

初期虫歯はご自身ではなかなか発見しづらく、進行してしまうことが多くあります。
そのことから定期的に健診やクリ-ニングを行いながら一緒に大切な歯を守って行きましょう。

 

投稿者: 青木歯科

2017.01.05更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

2017年の始まりですね。
今年はどんな年になるでしょうか。

今年も青木歯科はとまることなく、常に前進し、皆様により良い歯科治療を届けるためスタッフ一同精進してまいりますので、今年も何卒、宜しくお願いいたします。

さて、皆様も新しい年をスタートするにあたって、お口の中の汚れもキレイにしてみてはいかがですか?

お口の中が清潔になると、気持ちもリフレッシュされますし、お口元が明るくなり自信のある笑顔になります。

大人になると、1年があっという間に過ぎてしまい同じことの繰り返しのように感じることがあります。
なので、1度リセットし心もお口の中も新たに新しい年をスタートさせたいですね。

今年も、多くの皆様を健康に、そして笑顔にするため、元気よく青木歯科は診療しています。



pic20170105121611_0.jpg

投稿者: 青木歯科

2016.12.26更新

12月27日(火)から、1月4日(水)まで休診させて頂きます。

1月5日(木)から通常通り診療致します。

よろしくお願い致します。

投稿者: 青木歯科

2016.12.19更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

皆さまもお気づきだと思いますが、一昔前では見かけなかったのですが、最近情報番組などで歯科の特集などが組まれたりすることも多くなってきました。

私達にとっては、皆さんが歯に関心を持つきっかけにもなりますので嬉しくも思い、また同時に身が引き締まる思いを感じます。

皆さんの歯への関心が高まると、審美的にも要求は高まります。
当たり前のことですが、中途半端な治療は出来ません。保険の範囲で行う治療も、審美的にもこだわらなくては、皆さん納得行かないと思います。

保険範囲内の治療は限られてきます。しかしその中で、どこまで納得していただける治療ができるか、患者様一人一人と相談しながら進めていきます。

どんな小さな虫歯も、丁寧に治療し、皆様に笑顔になってお帰りいただくことを青木歯科は目指しています。

投稿者: 青木歯科

2016.12.12更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。


皆さん、「インフォームドコンセント」という言葉を知ってますか?

インフォームドコンセントとは、患者さまに診療の目的、内容を十分な説明をし、患者さまから同意を得てからはじめて治療をスタートすることを言います。

とても当たり前のことです。しかし私達医療従事者が十分に説明したと感じても皆さまに理解を得なくては全く意味がありません。一人一人のゴールも、気にすることも違いますし、最適な治療法は異なります。
青木歯科では、お互いに納得行くまでお話し合いをいたします。少しでも不明点が残ってしまう状況で治療を進めることはいたしません。

歯科医院に来ることも皆さんにとっては勇気がいることだと思います。そこでさらに質問をしたり、要望を伝えるのはなかなか難しいとの声を聞いたことがあります。

しかし、最適の治療をするためにも、出来るだけ多くの情報を教えてください。
私達も、皆さんが話しやすい環境づくりをこれからも努めていきます。

投稿者: 青木歯科

2016.12.05更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

歯科治療でとても多いのが、根っこの治療で根管治療と言われるものです。
神経をとる治療になりますが、同じような処置を何回か行いその後被せ物をする処置になります。
これは、神経をしっかりとる為、根っこの中をキレイに掃除する為に回数をかけます。


他の処置に比べて処置の回数がかかることで、みなさまは少し負担を感じるかもしれません。
しかし、ここで妥協してしまうと予後が悪くなります。
また、せっかく被せものをしたのに、痛みが出て根っこの治療からやり直しになってしまうこともあります。

少し負担はかかると思いますが、治療歯がその後長持ちさせるためにも少し時間をかけても妥協せず処置をすることが大切です。

一緒に、大切な歯を長持ちしさせるように頑張りましょう。

投稿者: 青木歯科

2016.11.28更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

今とても注目を浴びている、ホワイトニング。
ホワイトニングに関しては、様々な質問をうけますが、「痛みはありますか?」と聞かれることも多くあります。

これについては、個人差があります。
全く感じない方もいますが、薬液を浸透させるときに若干の痛みを感じられる方もいます。
しかし、我慢のできない痛みではありません。
薬液は安全なものを使用しているので心配はございません。

様子を見ながら進めていくことは可能なので、ご心配なことがございましたらお気軽にご相談ください。

やはり歯が白くなると、みなさん笑顔も変わりますし、歯への意識も高まりますね。
就職活動や、結婚式、同窓会等のイベントの前におこなうのもよいかもしれませんね!

費用や時間など詳しくお知りになりたい場合はスタッフまでお声がけください。

投稿者: 青木歯科

2016.11.21更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

最後に成人の予防法についてお話しします。

成人になってくると、虫歯予防だけでなく、歯周病予防も重要になってきます。

以前にもお話ししたと思いますが、歯を失う原因の1番は歯周病になります。
また歯周病は痛みをあまり感じないので、ご自身が気づいたときは症状がかなり進行していることが大半です。

予防としては、歯磨きの際に歯と歯肉の間をしっかりと磨くこと。
そして、定期的な歯のクリーニングです。

しっかりとケアをしていても100%汚れを落とすことは、残念ながら困難です。
また歯周病の菌は、歯肉の隙間の目に見えないところに多く存在します。

そのため、専門的な機械を使用して清掃を行い、細菌数を減らすことが重要です。
また、喫煙も歯周病の原因にもなります。

その他にも、補助用具を使用すること、ご自身にあった歯ブラシ選びも大切になってきます。

投稿者: 青木歯科

2016.11.14更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

前回に引き続き、年齢別のケアについてお話ししていきます。

今回は小学生~中学生の予防法です。

6歳になると、前歯や奥歯の永久歯が生え始めます。

生えたての歯は非常に虫歯になりやすく歯磨きも難しくなります。
この生え変わりの時に、しっかりとケアすることができれば生涯ご自身の歯を健康に保てる確率がとても上がります。

まず食後は必ず歯ブラシをする習慣をつける事!

スポーツ飲料やジュースを摂取することが習慣化にならないよう心掛けること。

あとは規則正しい生活を心がけることも虫歯予防につながります。

ダラダラ食べや、ながら食べが当たり前になってしまうとお口の中に常に食べ物がある状態になってしまうので再石灰化が追い付かず、虫歯のリスクが高まります。

注意していきましょう。

投稿者: 青木歯科

前へ 前へ