2016.05.30更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

歯に痛みを感じた場合、皆さんはすぐに歯科医院に受診しますか?

痛みが治まるまで我慢してしまう・・・
痛み止めを飲んで、落ち着かせる・・・

忙しかったり、歯医者に行くのが怖かったり、色々な理由があると思いますが、我慢してそのまま落ち着いても虫歯がなくなっているわけではありませんし、痛み止めも応急処置です。

根本の解決には至っていません。

あまり知られていないかもしれませんが、虫歯を放置しておくと虫歯菌がどんどん増殖していきます。このことから、お口の環境が悪化することが想像できると思います。

しかし、これだけでは無いのです。

この虫歯菌が、歯髄にまで到達し血液と一緒に体内にまわり、リウマチなどの自己免疫疾患や心臓、腎臓の病気などを引き起こすこともあるのです。

少し怖い話をしましたが、虫歯はお口の中だけのことではないのです。

痛みやおかしいな?と感じたら早めに受診するようにしましょう。

投稿者: 青木歯科

2016.05.23更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

皆さん、被せ物の治療をするときにいろいろな種類があるので悩みますよね。
一人一人に適した被せ物は違うと思います。

何を求めているか、優先するかでも違いますよね。

今回は、多くの種類の中でも「セラミック」について紹介していこうと思います。

セラミックは陶器のことです。
特徴としては、色がキレイなことと色移りせず、歯肉が黒くならないことです。また劣化もしづらいこともあげられます。
金属は、保険内で出来ることもあり多くの方が選択しますが、セラミックに比べると少し劣化が早いです。

被せ物は虫歯にならないと思うかもしれませんが、、被せ物と歯肉の隙間ができるとそこから、虫歯になる可能性があります。また、被せ物の表面が劣化し、粗造してくると汚れが付着しやすくなります。そうすると、隣の歯が虫歯になるリスクが高まります。

セラミックのメリットは多くありますが、もちろんデメリットもあります。
やはり保険がきかず、自費になりますので金額が金属に比べ高くなります。

被せ物の種類について詳しく聞きたい方は、お気軽にお声がけください。

投稿者: 青木歯科

2016.05.16更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。


今回は、抜歯後のお口の中の変化についてお話します。

残念ながら、症状や状態によって歯を抜かなくてはいけないケースがあります。
抜歯をすると、周りの組織の回復を待ち、その後に抜歯した所の処置を再開します。

次のステップへ進み嚙める状態にしていかないといけないのですが、抜歯をした事により、痛みや煩わしい症状から解放されます。その事により患者さんの中にはそのまま放置してしまう方がいます。

少し時間を置いてしまうと、歯がない状態にも慣れてしまうかもしれません。

しかし、お口の状態は変わってしまいます。
抜歯した箇所の空いたスペースに、隣の歯が寄ってきてしまいます。

また他の歯に負担がかかり、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

歯並びが変わってしまうと、その後の処置が難しくなってしまいます。
それは充分なスペースがとれなくなってしまうのと、噛み合わせも変わってきてしまうからです。

歯の治療は、抜歯をして痛みがなくなったら終わりではありません。

しっかりと噛めるようにするのが治療のゴールです。

投稿者: 青木歯科

2016.05.09更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。


今回は、抜歯後のお口の中の変化についてお話します。

残念ながら、症状や状態によって歯を抜かなくてはいけないケースがあります。
抜歯をすると、周りの組織の回復を待ち、その後に抜歯した所の処置を再開します。

次のステップへ進み嚙める状態にしていかないといけないのですが、抜歯をした事により、痛みや煩わしい症状から解放されます。その事により患者さんの中にはそのまま放置してしまう方がいます。

少し時間を置いてしまうと、歯がない状態にも慣れてしまうかもしれません。

しかし、お口の状態は変わってしまいます。
抜歯した箇所の空いたスペースに、隣の歯が寄ってきてしまいます。

また他の歯に負担がかかり、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

歯並びが変わってしまうと、その後の処置が難しくなってしまいます。
それは充分なスペースがとれなくなってしまうのと、噛み合わせも変わってきてしまうからです。

歯の治療は、抜歯をして痛みがなくなったら終わりではありません。
しっかりと噛めるようにするのが治療のゴールです。

 

投稿者: 青木歯科

2016.05.02更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

前回などでも少し触れましたが、酸蝕症には外因性と内因性があります。

外因性は、職業などでお口の中に入ってくる酸のガスやスプレーや、内服薬のビタミンCやアスピリン、他には清涼飲料水やアルコール、柑橘類、酢です。

では内因性は?
反復性嘔吐、摂食障害(拒食症、過食症)、胃食道逆流症などかあります。

過度のダイエットなどは、お口の中にも影響を及ぼします。

酸蝕症は自覚症状なども薄く、初めは歯にツヤが出たように感じます。ステインなども分解されます。
しかし、次第にエナメル質が溶け出すと象牙質が露出し、知覚過敏の症状が出てきます。また歯の色も黄色くなってきます。この色は象牙質の色です。

 

 

投稿者: 青木歯科