2016.03.28更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

患者さんの質問で比較的な多いのは

「虫歯になりやすい人っているのですか?」

普段、一生懸命にケアを行っても虫歯になってしまう。
周りより、虫歯に罹患する率が高い気がする…。

そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

虫歯には、歯磨きがとても大切です。
その事は皆さんご理解いただけてると思います。
しかし、歯磨きをしているのに虫歯になってしまうのは、もしかしたら食生活や体調の変化にも問題があるのかもしれません。

歯磨きは食後に行っているという方が多いと思いますが、食事をダラダラと行っているとそれだけお口の中が酸性に傾き虫歯になるリスクが高まります。また間食が多い方、甘い飲み物などを頻繁に飲まれる方も同様です。

現代人にとって規則正しく3食とり、その後歯磨きを必ず行うという事は難しいかもしれません。
できるだけ意識的に良く噛み、自浄作用を高めていきましょう!!

投稿者: 青木歯科

2016.03.24更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。


前回、歯磨きの時間についてお話ししました。

歯磨きは歯の汚れを落とす為に行うものです。
食べカスやネバネバした歯垢の中には約1〜3兆個の細菌が存在します。
怖いですよね。この様な多くの細菌が虫歯や歯周病の原因になります。

歯磨きをせず放置して置くと、この細菌がどんどん増え、ずっとお口の中に停滞してしまいます。
また、長い期間そのままですと、歯磨きでは取り除くことが困難になり、歯石となり、歯科医院での専用の器具で除去しなくてはいけません。

毎日しっかりと磨いていても、100パーセント磨けることはできません。
磨き残しがあったり、見落としてしまう所もあります。

歯科医院での定期的なお掃除、検診は日頃からしっかりケアしている方も必要になってきます。

投稿者: 青木歯科

2016.03.14更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

皆さん、歯磨きタイムはいつもどれくらいかけていますか?

一般的には、最低でも3分は磨かないと歯垢や汚れは落ちないと言われています。

3分で良いの?
短い‼︎
と思う方もいらっしゃると思います。

これはあくまでも最低3分という事ですが、日本人の歯磨き時間は平均20秒というデータがあります。
3分計測して、歯磨きをするといかに長いか分かるかもしれません。

皆さんも一度、毎日の歯磨きがどれくらいの時間か測ってみて下さい!

 

投稿者: 青木歯科

2016.03.07更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

フッ素の効果は大きく分けて二つあります。
一つ目は、フッ素には歯の再生力を高める効果があります。
食事をする事で皆さんのお口の中で、歯が溶け出す脱灰と再生する再石灰化が繰り返し行われます。
この歯を再生する再石灰化が追いつかなくなると虫歯になります。
フッ素には、再石灰化を助ける働きがあります。

二つ目は、歯が丈夫になる効果があります。
上記の様に、お食事をする時に少しづつ歯は溶け出します。
しかし、フッ素塗布を行うと歯の表面が強くなります。

フッ素は、歯が生えた時が一番効果があります。

そして更に効果を感じる為に、しっかりとプラークコントロールする事が重要です。
歯の表面に歯垢や歯石が付着していると、フッ素の効果が発揮できません。

日頃のプラークコントロール、ホームケアがメインですので、注意しましょう。

 

投稿者: 青木歯科