2015.11.30更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

みなさまのお口の中を拝見していると、磨き残しが多いところ・・・
それは、歯と歯の隙間や奥歯(親知らず)の裏側!

見づらいところでもあり、歯ブラシだけでは磨けず、汚れが残ってしまい歯石になっている方が多くいらっしゃいます。


通常の歯ブラシですと、大きすぎて届かないですし隙間にも入りません。

そんな時に便利なのが「ワンタフトブラシ」
ご存知ですか?

ワンタフトブラシは通常の歯ブラシと違い、毛先がギュッと縮まっておりヘッドもとても小さいものになります。
はじめて見る方は、これで磨けるの?と思う方もいます。
しかし、使いはじめると今まで磨き残していた箇所もキレイに磨け、歯肉のマッサージにもなります。
とてもおすすめですよ。

青木歯科では、積極的にブラッシング指導も行っていますので皆さまにあった歯ブラシや磨き方を提案していきます。
毎日の歯ブラシをより充実させていきましょう。

投稿者: 青木歯科

2015.11.24更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

最近は、ホワイトニングも一般的になってきましたね。
歯が白くなることで、お口元の印象が変化し明るくなります。

ホワイトニングにも種類があります。

・ホームホワイトニング
・オフィスホワイトニング
・デュアルホワイトニング

すべて歯を明るくするのですが、
それぞれのメリット・デメリットがあります。

即効性があるものが良い、時間がかかっても持続性がほしいなど、皆さまそれぞれご要望があると思います。
またライフスタイルも関係してくると思います。
家でマイペースに行いたい、忙しいので時間をかけたくないなど・・・

ホワイトニングをおこなう際は、相談しながら一番適した負担がないものを選んでいきましょう。
ご興味がある方は、お気軽にお声がけください。

一緒に白くてキレイなお口元を手に入れましょう。

投稿者: 青木歯科

2015.11.16更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

11月に入りだいぶ冷え込んできましたね。
寒暖差も激しいこの時期は喉も乾燥しやすく、風邪にかかりやすくなります。
皆さん、風邪対策は万全ですか?

昔から風邪予防は、うがい、手洗いと言われていますが、実はお口の中のケアも重要になってきます。

近年の調査結果で、お口のケアをしている方はインフレンザにもなりにくいという結果も出ています。ウィルスは気動の粘膜に張り付いて増殖しますが、本来はタンパク質の粘膜があるため、ウィルスが付着しにくくなります。しかし、お口の中が清掃不良ですとそのタンパク質が破壊されるので、インフルエンザにかかるきっかけになってしまいます。

お口は栄養を摂取するだけでなく、細菌やウイルスの入り口でもあります。
普段から清潔に保つように心がけ、定期的に歯科医院で検診、クリーニングを受けるようにしましょう。

投稿者: 青木歯科

2015.11.09更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

毎日歯ブラシや補助用具を使用してホームケアを頑張っているのでわざわざ歯科医院でおこなうプロのケアはいらないのでは??と思っている方も少なく無いのではないでしょうか。

ブログ内でも、何度かお話しましたがやはりホームケアだけですと100%の予防にはなりません。また、逆をいうと定期的に歯医者でプロのケアを行っているからホームケアを怠っていいということでもないのです。両者が協力して行っていくことが重要なのです。

定期検診や定期的なクリーニングを行わない方の心理に、めんどくさいから、忙しいから、お金が勿体ないからというような事が挙げられます。しかし、虫歯になったらどうでしょう。忙しいといっても歯が痛くなったら通わなくてはいけなくなります。今月はお金がないな、という時でも、急な歯の痛みが起こったらどうでしょう。

そのように考えると、3か月に1回、半年に1回通う検診は安く感じ、めんどくさいものにはならないと思います。とある調査結果では、実際に予防にかかる金額は、虫歯を治療に比べて将来的に安くなると言われています。

みなさまも、一緒に協力しながら健康な歯を長く保ちましょう。

投稿者: 青木歯科

2015.11.02更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

昔から、甘いものを食べると虫歯になると良く言われます。みなさまも子供の時にそのように教えられた経験があるのではないでしょうか。
では、甘いものを食べたら必ず虫歯になるのでしょうか?

虫歯は虫歯菌(ミュータンス菌)などの虫歯の原因菌が、飲食物に含まれる糖質を使って酸を作り出します。時間の経過とともにその酸が歯のエナメル質を溶かしてしまう事から始まります。ですので、歯+糖質+虫歯菌(ミュータンス菌)+時間=虫歯の発生になります。逆を言えばそのどれか一つでも欠ければ虫歯には至らない、ということになります。
甘いものを食べると虫歯になるのではなくて、リスクは高まりますがその後の歯ブラシがしっかり出来ていれば必ず虫歯になるわけではないのです。

みなさまも、この図式を意識して食生活や日常のケアをおこなってみてください。

投稿者: 青木歯科