2015.07.28更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

近年、インプラントはごく自然な選択肢になりました。耳にしたことがある方も多いと思います。
今回はそんなインプラントについてお話したいと思います。

まず、インプラントとはどのようなものでしょうか。
歯の失われた部分の顎の骨に、人工的な歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける方法です。見た目が天然歯に近く、噛み心地も天然歯により近くなっています。
入れ歯やブリッジとは違い他の歯への負担もかかりません。インプラントはとても多くのメリットがあります。しかし、もちろんデメリットもあります。ひとつに、手術を行うこと。手術といっても抜歯程度のものになりますが、やはり入れ歯やブリッジを作るよりも少し大変になります。また、保険が適用されないので費用が高いことが挙げられます。

インプラントをお考え中の方や、興味がある方は、どんな質問でもよいので気軽にお声がけください。インプラントを始めるにしても、不安は全て取り除き、不明・不安な点がなくなった時点で行うようにしていきましょう。

投稿者: 青木歯科

2015.07.21更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

最近では歯並びを気にする方が多く見られるので、子供が指しゃぶりをしていると歯並びが悪くなってしまうのではないかと心配して相談に来る親御さんも多くいらっしゃいます。

指しゃぶりは無理にでもやめさせないといけないのでしょうか??

基本的に、0~3歳位までの指しゃぶりは問題ありません。子供にとって、指しゃぶりは精神安定剤です。3歳までなら無理にやめさせる必要は無いでしょう。ここで無理をさせると、情緒不安定になってしまいます。
しかし4歳以降の指しゃぶりはやめたほうが良い「悪い癖」とされています。前歯が前に出てしまう歯並びになったり、開咬といって上下の前歯が噛み合わない歯並びになってしまうこともあります。
4歳以降も指しゃぶりをしている場合は、原因を探ってみてください。また強く叱ったりすることは逆効果です。少しずつ、手遊びなどをしながら自然にやめさせることが大切です。

投稿者: 青木歯科

2015.07.13更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

定期検診をしていると多い質問に、歯磨剤はどのようなものを使用するのがよいか?というものがあります。
最近はスーパーや薬局に行くとさまざまな種類の歯磨剤がおいてあるので、どれを使用したら良いのか悩むところだと思います。
一般には「フッ素入り」の歯磨剤を使用していただくのが良いと思います。知覚過敏の方はそれを抑制する歯磨剤、歯周病には炎症を抑える効果があるもので良いと思います。

しかし、ここで注意していただきたいのは、基本は歯ブラシでしっかり行うブラッシングになります。虫歯予防にしても、歯周予防も良い歯磨剤を使用していても歯磨きが上手くできていなかったり、食後に行われていないと意味がありません。薬効は色々ありますが、過信しすぎず、頼りすぎないでください。まずは丁寧なブラッシングを心がけるようにしてください。

投稿者: 青木歯科

2015.07.09更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

みなさま、今ご使用の歯ブラシは、どれくらい使っていますか??
1週間?3か月?覚えていらっしゃらない・・・?

歯ブラシにも、もちろん交換時期の目安があります。通常1~2か月で交換してください。歯ブラシの毛先は開いていなくても、毛のコシは弱くなってきます。おろしたての歯ブラシと触り比べてみると一目瞭然です。良い状態の歯ブラシで磨くことが、歯肉を傷めず歯の汚れを確実に落としてくれることに繋がります。
また逆に1~2ヶ月も立たずに毛先が広がり、磨けなくなって交換してしまっている人は、歯ブラシにかける圧が強すぎるのかもしれません。持ち方を、鉛筆を持つようにして力の加減をしてください。

毎日しっかり行っていても歯ブラシが良い状態でなく、あまり磨けていないなんてことがあればとても残念です。交換時期を意識し、良い状態の歯ブラシを使用して歯のケアを頑張っていきましょう。

投稿者: 青木歯科