2017.04.10更新

みなさま、こんにちは。
川西池田駅徒歩1分のところで開業している青木歯科、院長の青木です。

皆さま、「フッ素」という言葉は聞いたことがるでしょうか?
もちろんご存知ですよね。最近では、歯磨き粉のCMやガムのCMでもフッ素について話しているので、多くの方がフッ素=虫歯予防という事をしっていると思います。

今回は、「フッ素」についてもう少し詳しくお話ししていきます。

「フッ素」の虫歯予防に役立つ主な働きは

①酸の産生を抑制する
磨き残しなどからでき歯垢(プラーク)が作りだす、虫歯の原因菌の働きを弱め、酸の量を抑えます。

②再石灰化を促進する
歯から溶け出した、カルシウムやリンをもとに戻すように促します。

③歯質の強化
歯の表面を酸に溶けにくくし、強化する作用があります。

青木歯科では、フッ素塗布だけでなく、フッ素の入ったうがい液でうがいをすることで歯質を強化するフッ素洗口も行っています。
フッ素は毎日コツコツ行うことで、さらに虫歯予防の効果を高めることができます。

 

投稿者: 青木歯科